*
*

樹上で熟成させた完熟果。
もぎたての果実のおいしさは家庭果樹の醍醐味

* * * * *

キーワード検索

and or
円以上
円以下

カテゴリ一覧
上手な苗の育て方
ブルーベリーの育て方
カートを見る
ポット苗
桜
*
高知県土佐市産こしひかり
お買い物方法
お客様の声
商品一覧   雑柑 商品数=16件  価格順 新着順 品番順
ワシントンネーブル【2年苗】 (接ぎ木)ポット入り ワシントンネーブル【2年苗】 (接ぎ木)ポット入り new
商品詳細
2,160 円/本 (税込) 在庫なし
SoldOut

へそみかんでお馴染みのネーブルです。果形は球形、短卵または扁球形、果皮は濃橙色で平滑。皮は厚い(5〜7mm)ので剥ぎにくいですが、果肉は程よい硬さで果汁多い。香り高く甘酸相和して大変おいしいです。品質もよい。1本で結実します。耐寒性はみかんよりやや弱いので霜よけをして下さい。
【収穫期】  12月
【果重目安】  200〜250g位
紅河内晩柑 みしょうかん3年生(接ぎ木)ポット入り 紅河内晩柑 みしょうかん3年生(接ぎ木)ポット入り new
商品詳細
3,220 円/本 (税込) 在庫わずか
本 

通常の河内晩柑より果皮がオレンジ色です。

高知では、おなじみの『土佐文旦』と同じ系列で、大正時代、熊本県河内町で発見された自然雑種のようです。河内晩柑(みしょうかんとも呼ばれます)は、5月に開花し、その年に実を付けたまま越冬し(ハウス栽培や冬に一定以上の気温を保ち、ほとんど降雪がない地域での栽培が向いています)、翌年4月〜8月まで木に実ならし、収穫する珍しい柑橘です。また、晩柑とは晩生の柑橘類『遅い時期に収穫する柑橘』の総称です。別名、和製グレープフルーツ(グレープフルーツのような苦味がほとんど無いです。)と呼ばれ、地域によって様々な呼び名があります。厚い皮も手で簡単に剥げます。

【収穫初期】(4月〜5月) ジューシーフルーツの異名通り、果汁たっぷりなのは、この時期です。

【収穫中期】(6月〜) 完熟期を迎えます。適度に水分が抜け(でも、十分な果汁!糖度はあまり変わりません)蒸し暑くなる頃、甘すぎず、後味すっきり、さっぱりとした味を楽しめますよ。
シトラスキャビア デザートライム (接ぎ木)18センチ スリット鉢入り シトラスキャビア デザートライム (接ぎ木)18センチ スリット鉢入り new
商品詳細
7,420 円/本 (税込) 在庫あり
本 

フィンガーライムのようなプチプチ食感が楽しめる【デザートライム】。
それもそのはずフィンガーライムの近縁種です。
フィンガーライムとの違いは酸っぱいに
かなり強いピリッとした辛味をプラスした味!!
トゲトゲ枝ではなく、オリーブの様なスーッとした葉がとてもお洒落。
若い苗の時期はトゲが見られる場合がありますが成長と共に
トゲは見られなくなってきます。
原産国のオーストライアではカンガルーに食されるのを防ぐため
小さいころだけトゲが出るように進化を遂げたみたいです。
種を残すために・・生き物はやっぱり凄いですね。

開花は4〜5月で収穫は6〜7月。
柑橘の中でも開花後に着果するのがすっごく早く、皮が熟すと明るい黄緑色になります。

【果重】1〜3g 
フィンガーライム(グリーン)(接ぎ木)18センチスリット鉢入 フィンガーライム(グリーン)(接ぎ木)18センチスリット鉢入 new
商品詳細
7,420 円/本 (税込) 在庫わずか
本 

果皮は深い緑〜緑。果肉は黄緑系の緑です。

フィンガーライムはオーストラリア原産です。
キャビヤのようなプチプチ食感が新しく、つぶれた時に口広がるほど良い酸味が良いアクセントになり肉・魚・野菜を引き立てることが出来る新しい名わき役と言えます。
日本での栽培がまだ確立していなくて、皆さん手探りのような感じですが、情報として記載いたします。参考になさってください。

0℃ぐらいまでは耐えると言われています。ただ、冬季葉が落ちても春に新芽が出てくるので慌てなくても良いですよ。湿度を嫌いますので水はけが悪いと根腐れが発生しやすい。水やりには注意が必要で春は1日1回、初夏〜残暑厳しいときまでは1日3回ぐらいですが梅雨時期は要注意!湿っているのに与えると疫病・ナメクジ発生が発生します。
冬季は2日に1回程度。目安なので様子を見ながら与えて下さい。

剪定は3月頃、開花直前が良いようです。強剪定はリスクがあるようです。トゲが多く森のように木全体がワサワサしてくるので風通しが良くなるような剪定をして下さい。でも枯れ枝は早めに切って下さい。剪定のし過ぎは枯れる原因ともいわれています。
害虫はアブラムシ・蝶など。病気の黒点病が発生した時は葉の除去をしますが必ず下に落としたままにせず処分してください。菌なので再び移ります。1本で生ります。
四季生りなので収穫時期は、春咲いた場合8〜10月頃 夏咲いた場合12月頃 
フィンガーライム(アトラシカ)(接ぎ木)18センチスリット鉢入 フィンガーライム(アトラシカ)(接ぎ木)18センチスリット鉢入 new
商品詳細
7,420 円/本 (税込) 在庫わずか
本 

果皮は茶色っぽい。 果肉は全体的に黄色を帯びて所々ピンク。

フィンガーライムはオーストラリア原産です。
キャビヤのようなプチプチ食感が新しく、つぶれた時に口広がるほど良い酸味が良いアクセントになり肉・魚・野菜を引き立てることが出来る新しい名わき役と言えます。
日本での栽培がまだ確立していなくて、皆さん手探りのような感じですが、情報として記載いたします。参考になさってください。
0℃ぐらいまでは耐えると言われています。ただ、冬季葉が落ちても春に新芽が出てくるので慌てなくても良いですよ。湿度を嫌いますので水はけが悪いと根腐れが発生しやすい。水やりには注意が必要で春は1日1回、初夏〜残暑厳しいときまでは1日3回ぐらいですが梅雨時期は要注意!湿っているのに与えると疫病・ナメクジ発生が発生します。
冬季は2日に1回程度。目安なので様子を見ながら与えて下さい。
剪定は3月頃、開花直前が良いようです。強剪定はリスクがあるようです。トゲが多く森のように木全体がワサワサしてくるので風通しが良くなるような剪定をして下さい。でも枯れ枝は早めに切って下さい。剪定のし過ぎは枯れる原因ともいわれています。
害虫はアブラムシ・蝶など。病気の黒点病が発生した時は葉の除去をしますが必ず下に落としたままにせず処分してください。菌なので再び移ります。1本で生ります。
四季生りなので収穫時期は、春咲いた場合8〜10月頃 夏咲いた場合12月頃 
フィンガーライム(ピンク)(接ぎ木)18センチスリット鉢入 フィンガーライム(ピンク)(接ぎ木)18センチスリット鉢入 new
商品詳細
7,420 円/本 (税込) 在庫わずか

果皮はこげ茶。果肉は全体的には黄緑ですが所々ピンクがかかっています。

フィンガーライムはオーストラリア原産です。
キャビヤのようなプチプチ食感が新しく、つぶれた時に口広がるほど良い酸味が良いアクセントになり肉・魚・野菜を引き立てることが出来る新しい名わき役と言えます。
日本での栽培がまだ確立していなくて、皆さん手探りのような感じですが、情報として記載いたします。参考になさってください。

0℃ぐらいまでは耐えると言われています。ただ、冬季葉が落ちても春に新芽が出てくるので慌てなくても良いですよ。湿度を嫌いますので水はけが悪いと根腐れが発生しやすい。水やりには注意が必要で春は1日1回、初夏〜残暑厳しいときまでは1日3回ぐらいですが梅雨時期は要注意!湿っているのに与えると疫病・ナメクジ発生が発生します。
冬季は2日に1回程度。目安なので様子を見ながら与えて下さい。

剪定は3月頃、開花直前が良いようです。強剪定はリスクがあるようです。トゲが多く森のように木全体がワサワサしてくるので風通しが良くなるような剪定をして下さい。でも枯れ枝は早めに切って下さい。剪定のし過ぎは枯れる原因ともいわれています。
害虫はアブラムシ・蝶など。病気の黒点病が発生した時は葉の除去をしますが必ず下に落としたままにせず処分してください。菌なので再び移ります。1本で生ります。
四季生りなので収穫時期は、春花が咲いた場合8〜10月頃 夏花が咲いた場合:12月頃 
フィンガーライム (ウォーコップ)(接ぎ木)18センチスリット鉢入 フィンガーライム (ウォーコップ)(接ぎ木)18センチスリット鉢入 new
商品詳細
10,400 円/本 (税込) 在庫わずか
本 

ウォーコップは果皮が深緑〜赤茶色。果肉は黄色〜オレンジ系。

フィンガーライムはオーストラリア原産です。
キャビヤのようなプチプチ食感が新しく、つぶれた時に口広がるほど良い酸味が良いアクセントになり肉・魚・野菜を引き立てることが出来る新しい名わき役と言えます。

日本での栽培がまだ確立していなくて、皆さん手探りのような感じですが情報として記載いたします。参考になさってください。0℃ぐらいまでは耐えると言われています。ただ、冬季葉が落ちても春に新芽が出てくるので慌てなくても良いですよ。湿度を嫌いますので水はけが悪いと根腐れが発生しやすい。水やりには注意が必要で春は1日1回、初夏〜残暑厳しいときまでは1日3回ぐらいですが梅雨時期は要注意!湿っているのに与えると疫病・ナメクジ発生が発生します。

冬季は2日に1回程度。目安なので様子を見ながら与えて下さい。
剪定は3月頃、開花直前が良いようです。強剪定はリスクがあるようです。トゲが多く森のように木全体がワサワサしてくるので風通しが良くなるような剪定をして下さい。でも枯れ枝は早めに切って下さい。剪定のし過ぎは枯れる原因ともいわれています。
害虫はアブラムシ・蝶など。病気の黒点病が発生した時は葉の除去をしますが必ず下に落としたままにせず処分してください。菌なので再び移ります。1本で生ります。
四季生りなので収穫時期は、春咲いた場合8〜10月頃 夏咲いた場合12月頃 
フィンガーライム(グリーン)(接ぎ木)32センチカービング鉢入り フィンガーライム(グリーン)(接ぎ木)32センチカービング鉢入り new
商品詳細
13,770 円/本 (税込) 在庫わずか

カービング鉢の上部が少し割れています。ご了承ください。
こちらの苗は通常の箱には収まりません。
送料が高くになりますので送料がお知りになりたい場合は
お手数ですが先にお問い合わせください。
https://koutou-nouen.com/cgi-bin/cargo/quest.cgi

果皮は深い緑〜緑。果肉は黄緑系の緑です。

フィンガーライムはオーストラリア原産です。
キャビヤのようなプチプチ食感が新しく、つぶれた時に口広がるほど良い酸味が良いアクセントになり肉・魚・野菜を引き立てることが出来る新しい名わき役と言えます。
日本での栽培がまだ確立していなくて、皆さん手探りのような感じですが、情報として記載いたします。参考になさってください。

0℃ぐらいまでは耐えると言われています。ただ、冬季葉が落ちても春に新芽が出てくるので慌てなくても良いですよ。湿度を嫌いますので水はけが悪いと根腐れが発生しやすい。水やりには注意が必要で春は1日1回、初夏〜残暑厳しいときまでは1日3回ぐらいですが梅雨時期は要注意!湿っているのに与えると疫病・ナメクジ発生が発生します。
冬季は2日に1回程度。目安なので様子を見ながら与えて下さい。

剪定は3月頃、開花直前が良いようです。強剪定はリスクがあるようです。トゲが多く森のように木全体がワサワサしてくるので風通しが良くなるような剪定をして下さい。でも枯れ枝は早めに切って下さい。剪定のし過ぎは枯れる原因ともいわれています。
害虫はアブラムシ・蝶など。病気の黒点病が発生した時は葉の除去をしますが必ず下に落としたままにせず処分してください。菌なので再び移ります。1本で生ります。
四季生りなので収穫時期は、春咲いた場合8〜10月頃 夏咲いた場合12月頃 
オーストラリアン(ブラッドライム)フィンガーライム(接ぎ木)10.5pロングポット入り オーストラリアン(ブラッドライム)フィンガーライム(接ぎ木)10.5pロングポット入り new
商品詳細
5,300 円/本 (税込) 在庫わずか

フィンガーライムとオレンジの交配種なので酸っぱさの中にほのかにオレンジの甘みが感じられます。果肉は黄色から薄いピンク色に変化します。外皮は赤褐色です。

フィンガーライムはオーストラリア原産です。
キャビヤのようなプチプチ食感が新しく、つぶれた時に口広がるほど良い酸味が良いアクセントになり肉・魚・野菜を引き立てることが出来る新しい名わき役と言えます。
日本での栽培がまだ確立していなくて、皆さん手探りのような感じですが、情報として記載いたします。参考になさってください。

0℃ぐらいまでは耐えると言われています。ただ、冬季葉が落ちても春に新芽が出てくるので慌てなくても良いですよ。湿度を嫌いますので水はけが悪いと根腐れが発生しやすい。水やりには注意が必要で春は1日1回、初夏〜残暑厳しいときまでは1日3回ぐらいですが梅雨時期は要注意!湿っているのに与えると疫病・ナメクジ発生が発生します。
冬季は2日に1回程度。目安なので様子を見ながら与えて下さい。

剪定は3月頃、開花直前が良いようです。強剪定はリスクがあるようです。トゲが多く森のように木全体がワサワサしてくるので風通しが良くなるような剪定をして下さい。でも枯れ枝は早めに切って下さい。剪定のし過ぎは枯れる原因ともいわれています。
害虫はアブラムシ・蝶など。病気の黒点病が発生した時は葉の除去をしますが必ず下に落としたままにせず処分してください。菌なので再び移ります。1本で生ります。
四季生りなので収穫時期は、春花が咲いた場合8〜10月頃 夏花が咲いた場合:12月頃 
フィンガーライム(ピンク)(接ぎ木)10.5pロングポット入り フィンガーライム(ピンク)(接ぎ木)10.5pロングポット入り new
商品詳細
5,300 円/本 (税込) 在庫あり
本 

果皮はこげ茶。果肉は全体的には黄緑ですが所々ピンクがかかっています。

フィンガーライムはオーストラリア原産です。
キャビヤのようなプチプチ食感が新しく、つぶれた時に口広がるほど良い酸味が良いアクセントになり肉・魚・野菜を引き立てることが出来る新しい名わき役と言えます。
日本での栽培がまだ確立していなくて、皆さん手探りのような感じですが、情報として記載いたします。参考になさってください。

0℃ぐらいまでは耐えると言われています。ただ、冬季葉が落ちても春に新芽が出てくるので慌てなくても良いですよ。湿度を嫌いますので水はけが悪いと根腐れが発生しやすい。水やりには注意が必要で春は1日1回、初夏〜残暑厳しいときまでは1日3回ぐらいですが梅雨時期は要注意!湿っているのに与えると疫病・ナメクジ発生が発生します。
冬季は2日に1回程度。目安なので様子を見ながら与えて下さい。

剪定は3月頃、開花直前が良いようです。強剪定はリスクがあるようです。トゲが多く森のように木全体がワサワサしてくるので風通しが良くなるような剪定をして下さい。でも枯れ枝は早めに切って下さい。剪定のし過ぎは枯れる原因ともいわれています。
害虫はアブラムシ・蝶など。病気の黒点病が発生した時は葉の除去をしますが必ず下に落としたままにせず処分してください。菌なので再び移ります。1本で生ります。
四季生りなので収穫時期は、春花が咲いた場合8〜10月頃 夏花が咲いた場合:12月頃 
フィンガーライム(ピンクスパークリング)(接ぎ木)10.5pロングポット入り フィンガーライム(ピンクスパークリング)(接ぎ木)10.5pロングポット入り new
商品詳細
5,300 円/本 (税込) 在庫あり
本 

果皮はオレンジから赤茶色へ変化します。 
果肉は薄いピンク色から濃いピンク色へ変わってきます。

フィンガーライムはオーストラリア原産です。
キャビヤのようなプチプチ食感が新しく、つぶれた時に口広がるほど良い酸味が良いアクセントになり肉・魚・野菜を引き立てることが出来る新しい名わき役と言えます。
日本での栽培がまだ確立していなくて、皆さん手探りのような感じですが、情報として記載いたします。参考になさってください。

0℃ぐらいまでは耐えると言われています。ただ、冬季葉が落ちても春に新芽が出てくるので慌てなくても良いですよ。湿度を嫌いますので水はけが悪いと根腐れが発生しやすい。水やりには注意が必要で春は1日1回、初夏〜残暑厳しいときまでは1日3回ぐらいですが梅雨時期は要注意!湿っているのに与えると疫病・ナメクジ発生が発生します。
冬季は2〜3日に1回程度。目安なので様子を見ながら与えて下さい。

剪定は3月頃、開花直前が良いようです。強剪定はリスクがあるようです。トゲが多く森のように木全体がワサワサしてくるので風通しが良くなるような剪定をして下さい。でも枯れ枝は早めに切って下さい。剪定のし過ぎは枯れる原因ともいわれています。
害虫はアブラムシ・蝶など。病気の黒点病が発生した時は葉の除去をしますが必ず下に落としたままにせず処分してください。菌なので再び移ります。1本で生ります。
四季生りなので収穫時期は、春咲いた場合8〜10月頃 夏咲いた場合12月頃収穫です。 
フィンガーライム(アトラシカ)(接ぎ木)10.5pロングポット入り入り フィンガーライム(アトラシカ)(接ぎ木)10.5pロングポット入り入り new
商品詳細
5,300 円/本 (税込) 在庫あり
本 

果皮は茶色っぽい。 果肉は全体的に黄色を帯びて所々ピンク。

フィンガーライムはオーストラリア原産です。
キャビヤのようなプチプチ食感が新しく、つぶれた時に口広がるほど良い酸味が良いアクセントになり肉・魚・野菜を引き立てることが出来る新しい名わき役と言えます。
日本での栽培がまだ確立していなくて、皆さん手探りのような感じですが、情報として記載いたします。参考になさってください。
0℃ぐらいまでは耐えると言われています。ただ、冬季葉が落ちても春に新芽が出てくるので慌てなくても良いですよ。湿度を嫌いますので水はけが悪いと根腐れが発生しやすい。水やりには注意が必要で春は1日1回、初夏〜残暑厳しいときまでは1日3回ぐらいですが梅雨時期は要注意!湿っているのに与えると疫病・ナメクジ発生が発生します。
冬季は2日に1回程度。目安なので様子を見ながら与えて下さい。
剪定は3月頃、開花直前が良いようです。強剪定はリスクがあるようです。トゲが多く森のように木全体がワサワサしてくるので風通しが良くなるような剪定をして下さい。でも枯れ枝は早めに切って下さい。剪定のし過ぎは枯れる原因ともいわれています。
害虫はアブラムシ・蝶など。病気の黒点病が発生した時は葉の除去をしますが必ず下に落としたままにせず処分してください。菌なので再び移ります。1本で生ります。
四季生りなので収穫時期は、春咲いた場合8〜10月頃 夏咲いた場合12月頃 
フィンガーライム (ウォーコップ)(接ぎ木)10.5pロングポット入り フィンガーライム (ウォーコップ)(接ぎ木)10.5pロングポット入り new
商品詳細
5,300 円/本 (税込) 在庫あり
本 

ウォーコップは果皮が深緑〜赤茶色。果肉は黄色〜オレンジ系。

フィンガーライムはオーストラリア原産です。
キャビヤのようなプチプチ食感が新しく、つぶれた時に口広がるほど良い酸味が良いアクセントになり肉・魚・野菜を引き立てることが出来る新しい名わき役と言えます。
日本での栽培がまだ確立していなくて、皆さん手探りのような感じですが情報として記載いたします。参考になさってください。0℃ぐらいまでは耐えると言われています。ただ、冬季葉が落ちても春に新芽が出てくるので慌てなくても良いですよ。湿度を嫌いますので水はけが悪いと根腐れが発生しやすい。水やりには注意が必要で春は1日1回、初夏〜残暑厳しいときまでは1日3回ぐらいですが梅雨時期は要注意!湿っているのに与えると疫病・ナメクジ発生が発生します。
冬季は2日に1回程度。目安なので様子を見ながら与えて下さい。
剪定は3月頃、開花直前が良いようです。強剪定はリスクがあるようです。トゲが多く森のように木全体がワサワサしてくるので風通しが良くなるような剪定をして下さい。でも枯れ枝は早めに切って下さい。剪定のし過ぎは枯れる原因ともいわれています。
害虫はアブラムシ・蝶など。病気の黒点病が発生した時は葉の除去をしますが必ず下に落としたままにせず処分してください。菌なので再び移ります。1本で生ります。
四季生りなので収穫時期は、春咲いた場合8〜10月頃 夏咲いた場合12月頃 

清見オレンジ・清見タンゴール【2年生】(接ぎ木・ポット入り) 清見オレンジ・清見タンゴール【2年生】(接ぎ木・ポット入り) new
商品詳細
2,160 円/本 (税込) 在庫わずか
本 

日本ではじめて生まれた、温州みかん(宮川早生)と、オレンジ(トロビタオレンジ)との交配した柑橘です。芳醇なオレンジの香りに包まれ、たっぷりの甘〜いジューシーな果肉には、みかんと同様にビタミンCが豊富に含まれ、内皮ごと食べると、食物繊維やビタミンB1、ビタミンCの吸収を助けるビタミンPを同時に取れ一石二鳥です。食物繊維は腸の老廃物の掃除をして、腸の働きを整えるので、便秘の解消に期待できますね。果皮は手で剥ぎやすく、手軽に食べることが出来るのもいいですね。1本でなります。
(食べ頃)  3月下旬〜(霜にあたる所は、早めに収穫して涼しいところで貯蔵して下さい。)      
(果重目安)  200g前後
西内小夏 (接ぎ木・18センチポット入り) 2年生 西内小夏 (接ぎ木・18センチポット入り) 2年生 new
商品詳細
2,160 円/本 (税込) 在庫あり
本 

小夏(日向夏)の枝変わりで種子は少めなので食べやすいですよ。名前を聞いただけで、初夏を思わせますがそれぞれの県で呼び名が違います。もともとの原産は日向の国宮崎県の『日向夏 ひゅうがなつ』です。小夏は白い甘皮部分(白い綿のような所)を残し。フラべド(皮の色がついた部分)だけをリンゴのようにむいて食べます。果実の糖度は12度程度。甘皮の甘みと食感、果汁の程よい酸味がマッチして抜群においしいです。大人の方には、この切った小夏にブランデーと砂糖を少量加え、冷やして食べて頂くと最高ですよ。また贈答用として送ると清々しいレモンイエローが目に飛び込み(小夏)という言葉と爽やかな口あたりで喜んでいただけると思います。1本で結実します。開張する樹形で枝梢のとげは多少あります。玉揃いがよく、豊産性なので適度な摘果が必要になると思います。
ちなみに、種なし小夏は4月上旬ごろから食べられます。   
(収穫期)4月下旬〜    (果重目安)130g
せとか【1年生苗】  (接ぎ木・ポット入り) せとか【1年生苗】 (接ぎ木・ポット入り) new
商品詳細
1,950 円/本 (税込) 在庫わずか
本 

「清見オレンジ」「アンコール」の交配に、さらに「マーコット」を交配させて作られた、近代農業技術の結晶ともいわれる柑橘です。アンコールとマーコットの2種は、生産量も少ない幻の柑橘と言われています。良いとこ取りの『せとか』は、濃厚な甘さ、程よい酸味、たっぷりの果汁が入り、ぎっしりと詰まった実を大変薄いじょう嚢(果肉を包む半透明の袋)が包み込んでいます。マーコットの香りが漂い、果皮が剥ぎやすく、種がほとんど無く(種子数は0〜5粒程度です)申し分のない芳香柑橘です。基本的には隔年(一年おき)にしか実をつけない傾向があるので、店頭では高めに販売されているようです。1本でなります。感動のおいしさを味わって下さい。(トゲ有りです。)

【食べ頃】 2月〜(霜にあたる所は、早めに収穫して涼しいところで貯蔵して下さい。)  
【果重目安】  200〜270g
戻る|1 |次へ
koutou-nouen.com©CopyRight 高東農園