*
*

樹上で熟成させた完熟果。
もぎたての果実のおいしさは家庭果樹の醍醐味

* * * * *

キーワード検索

and or
円以上
円以下

カテゴリ一覧
上手な苗の育て方
ブルーベリーの育て方
カートを見る
ポット苗
桜
お買い物方法
お客様の声
*

果樹(ポット入り苗・根巻き苗) 各¥900(税込)から
その他の花木・庭木につきましては380円から

次回果樹の素掘り苗は、柑橘類11上旬〜、落葉樹12月上旬〜。ポット入り苗・根巻き苗は、5月〜販売開始の予定です。種類によって在庫に違いがありますので、お目当ての苗木がございましたら、お早めにお買い求めください。送料は、お支払送料をクリックして下さい。詳しく送料をお知りになりたい場合は、お問い合わせより御質問下さい。

ポット入り苗・根巻き苗 絞り込み検索

*こちらで紹介しております商品は、大苗、小苗などいろんな種類があります。その為ショッピングカートで送料を正しく計算できません。大変ご迷惑をおかけいたしますがご注文後当店より、自動送信メール「高東農園ショッピングサイトご注文ありがとうございました」が届きます。その後再度、送料と在庫など確認の上、ご注文について[受付完了]というメールにてお知らせいたします。事前にお知りになりたい場合は、お問い合わせフォームにてご質問をお願い致します。※金額は、すべて税込の価格です。
≪参考までに≫
発送用箱の通常サイズは、おおよそですが、30×30×100(p) 【送料の目安】
大箱サイズは、おおよそですが、46×41×200(p) 【送料の目安】

箱の横の長さが90〜100pなので、大きい苗は、箱に入るように切ることになります。切らずに発送の場合、大箱は横の長さが2mぐらいですので、それ以上の苗木の場合、曲げられるものでしたら曲げてお入れいたしますが、難しい時は切るようになりますのでご了承下さい。


商品一覧   ポット果樹・花木・庭木・柑橘類 商品数=17件  価格順 新着順 品番順
獅子柚子 ししゆず【1年生】  (接ぎ木・素掘り) 獅子柚子 ししゆず【1年生】  (接ぎ木・素掘り) new
商品詳細
1,000 円/本 (税込) 在庫あり
本 

実皮は、表面がゴツゴツとした形で約1kgになり大変大きいです。獅子柚子は「金運」「福」を呼ぶと言われています。縁起もので特に「しわ」が多いものほど良いということです。栽培は西日の強い所は不向きですが、耐寒性は柑橘類の中で最も強く作り易い品種です。果汁を取るというより果皮をマーマレードのようにするとよいでしょう。
1本でも結実します
(収穫期) 10月下旬〜11月中旬
梅 小粒南高 こつぶなんこう【2年生】(接ぎ木)ポット入り 梅 小粒南高 こつぶなんこう【2年生】(接ぎ木)ポット入り new
商品詳細
1,260 円/本 (税込) 在庫あり
本 

こちらは南高梅より、ひと回り小さいサイズの小梅です。
品質は南高と同じです。

【収穫時期】6月中旬〜下旬ごろ
【果重】9〜15g 【受粉木】南高梅など異種類の梅を植えてください。

梅 甲州小梅【1年生苗】 (接ぎ木・18センチポット入り) 梅 甲州小梅【1年生苗】 (接ぎ木・18センチポット入り) new
商品詳細
1,260 円/本 (税込) 在庫あり
本 

種が小さいので食べやすいですよね 果重4〜6g位の小粒 果形はよく揃うようです 花粉が多いので受粉樹向き。

【成熟期】 5月下旬
【受粉樹】 小梅
赤実ラズベリー 【1年生苗】 ポット入り 赤実ラズベリー 【1年生苗】 ポット入り new
商品詳細
1,320 円/本 (税込) 在庫あり
本 

初夏から夏にかけて熟す実は、酸味が爽やかで、そのままもぎたての美味しさを味わって頂くのも良し。自家製ジャムを作るのも楽しいですね。育てやすく、早くから実を付け豊産生です。耐寒性に強い傾向があります。小さな可愛らしい花も咲きますよ。1本で結実します。
【果重目安】  約3g  【収穫時期】  7月初旬〜
モッコク(ポット入り) モッコク(ポット入り) new
商品詳細
1,400 円/本 (税込) 在庫あり
本 

近くに縁起のいいと言われる『千両』『万両』とモッコクを植えると『千両・万両持ち込む!』と縁起のいい品種です。耐陰性が強く手入れもしやすい。気品のある美しさお楽しみください。
梅 玉英 ぎょくえい【2年生】(接ぎ木・15センチポット入り) 梅 玉英 ぎょくえい【2年生】(接ぎ木・15センチポット入り) new
商品詳細
1,430 円/本 (税込) 在庫あり
本 

青梅市原産の梅で 花は白色の一重です。
果肉は厚く種も小さめ。梅干し・梅酒どちらにも適します。
自家受粉はできにくいので他の梅を混植してください。
【重さ】約25g   【収穫時期】6月中旬頃から
びわ 【枇杷】 田中  (接ぎ木) 12cmポット入り びわ 【枇杷】 田中 (接ぎ木) 12cmポット入り new
商品詳細
1,430 円/本 (税込) 在庫わずか
本 

 初夏の果物の代表【田中ビワ】は耐寒性強い晩成品種の代表です。開花期が遅く、また小花梗が下向きで花や幼果が葉に隠れやすいので、果実の寒害は受けにくいためでしょうか、千葉や静岡などで栽培が盛んです。肉質はやや粗く、やや硬いですが果汁は多め。甘味は中程度で、茂木よりやや少ないです。あまり早く取ると酸が多いのですっぱくなります、早採りをしないのがポイント!実が大きい大実品種です。果実は釣り鐘形で、果重は60〜80g程度と茂木に比べるとやや大きめです。1本でなり、結実するのに4〜5年かかります。
 由来は、1879年(明治12年)頃に植物学者である田中さんが、長崎で食べたビワの種を東京に持ち帰り、自宅で育てたのが始まりとされています。
【収穫時期】6月上旬〜
びわ 【枇杷】 茂木  (接ぎ木) 12cmポット入り びわ 【枇杷】 茂木 (接ぎ木) 12cmポット入り new
商品詳細
1,430 円/本 (税込) 在庫あり
本 

初夏の果物を代表し、日本のびわ生産量の半分を占めている『おいしい茂木びわ』。皮もむきやすくジューシーな実が収穫出来る豊産品種です。ビワは暖地に適した常緑樹で比較的育てやすく、耐暑性、耐乾性に優れており、日当たり通風がよい場所が適しています。放任して育てると、かなり木が大きくなるので、剪定して枝を地面に引っ張るように誘引して育てると収穫がしやすいですね。露地植えの場合、関東以西で冬は0度以下になる日が少ない地域で、年平均15度以上が適していますが、室内で気温が下がらないように鉢植えで栽培すれば北海道でも可能です。採れたてのビワを新鮮なうちに食べるなんて、いいですよね。植え付けは、寒い地方の方は春植えをお勧めします。
名前の由来は、実や葉の形が楽器の琵琶に似ていることから『びわ』、江戸時代に唐船によって運ばれてきた唐びわの種を、長崎の茂木地区で播いたものが始まりとされています。4〜5年で結実し、1本でなります。
【収穫時期】 5月下旬〜6月上旬
びわ【枇杷】 はるたより (接ぎ木) 12cmポット入り びわ【枇杷】 はるたより (接ぎ木) 12cmポット入り new
商品詳細
2,370 円/本 (税込) 在庫あり
本 

PVP
大玉の早生【はるたより】です。がんしゅ病に抵抗性を持っており
樹勢が強く長崎早生より開帳性です。

【長崎早生との比較】
収穫時期:概ね1週間ぐらい遅い (5月下旬〜)
形 :長崎早生は長卵型ですが、こちらは短楕円でやや丸みをおびています。
果重 : 約55g (長崎早生より大果・糖度も高く・源酸も良い)

びわ【枇杷】 なつたより 1年生(接ぎ木) 12cmポット入り びわ【枇杷】 なつたより 1年生(接ぎ木) 12cmポット入り new
商品詳細
2,370 円/本 (税込) 在庫あり
本 

PVP

期待の品種登場!!平均60g以上の大きな果実で果肉が軟らかく甘みが強いです。茂木よりやや早く成熟し樹勢は茂木よりやや強く(がんしゅ病に比較的強い傾向)豊産生です。
栄養の魅力は、ビタミンA に変化するベータカロチン(活性酸素や過酸化脂質を除去して、細胞を活性化する)や、カリウム(細胞の内側に多く、組織細胞の浸透圧を維持する)、カルシウム(骨・歯組織の構成、精神の安定、細胞の結合等)食物繊維などが豊富に含まれております。主に生食が中心ですが、びわゼリーやジャム、葉を使用してお茶として飲まれているようです。1本でなります。
「なつたより」は1990年に「長崎早生・メス」と「福原早生・オス」を交雑して育成された品種です。大果で食味が優れた期待の新品種「ビワ長崎15号」は、「なつたより」と命名され、2009年2月に品種登録されました。
【収穫時期】5月下旬〜
レッドドリーム (15pポット入り) レッドドリーム (15pポット入り) new
商品詳細
2,670 円/本 (税込) 在庫あり
本 

樹勢が強く豊産性のラズベリーです。ツルで伸びず直立性!幹が太くなるので鈴なりに実が付きます。
酸味が少なく甘みが強いのでお菓子作りなどにおすすめですよ。

【収穫時期】 5月下旬〜6月中旬
高知産 ぶしゅかん【3年生】(接ぎ木)ポット入り 高知産 ぶしゅかん【3年生】(接ぎ木)ポット入り new
商品詳細
2,690 円/本 (税込) 在庫わずか
本 

他県では一般に、仏手柑と言えば鑑賞用の『手仏手柑』を思い浮かぶようですが、高知では、どこの家庭でも使っている、酢みかんの『丸仏手柑』の事を言います。ブシュカンはユズやミカンの仲間で、酢ミカンの一種。古くから四国や九州で栽培されている。でも、なぜ『丸いのに仏手柑?』と思われるでしょうが、一説には、仏像の御手に載っている「宝珠」に似ているので・・というのが名前の由来のようです。スダチの仲間の仏手柑(ぶしゅかん)、と言ってもご存知ない方が多いと思います。色は緑。だんだんと着色して写真のように黄色っぽくなります。最終的には、オレンジ色にまでなります。酸味のきいた果汁で初夏の味わいを彩る高知県の名産品「ブシュカン」。香りも強く食欲をそそります。県外でも評判になるにつれ、漢字で仏手柑(ぶっしゅかん)と書かれる時がありますのでお間違いなく!ちなみにブシュカンの本名は「餅柚(もちゆ)」と言います。ただし高知でも「餅柚」と言っても通じません。あくまでも仏手柑(ぶしゅかん)です(笑)。
≪季節や食材に応じて香りや酸味の違う酢ミカンを使い分けるのは、高知ならではの食文化≫初秋のメジカ(ソウダガツオ(宗太鰹)と呼ばれるカツオの仲間)にはブシュカン!最高です♪1本で結実します。

(収穫期) 8月〜
フィンガーライム(ピンク)(接ぎ木)ポット鉢入 フィンガーライム(ピンク)(接ぎ木)ポット鉢入 new
商品詳細
7,420 円/本 (税込) 在庫わずか
本 

果皮はこげ茶。果肉は全体的には黄緑ですが所々ピンクがかかっています。

フィンガーライムはオーストラリア原産です。
キャビヤのようなプチプチ食感が新しく、つぶれた時に口広がるほど良い酸味が良いアクセントになり肉・魚・野菜を引き立てることが出来る新しい名わき役と言えます。
日本での栽培がまだ確立していなくて、皆さん手探りのような感じですが、情報として記載いたします。参考になさってください。

0℃ぐらいまでは耐えると言われています。ただ、冬季葉が落ちても春に新芽が出てくるので慌てなくても良いですよ。湿度を嫌いますので水はけが悪いと根腐れが発生しやすい。水やりには注意が必要で春は1日1回、初夏〜残暑厳しいときまでは1日3回ぐらいですが梅雨時期は要注意!湿っているのに与えると疫病・ナメクジ発生が発生します。
冬季は2日に1回程度。目安なので様子を見ながら与えて下さい。

剪定は3月頃、開花直前が良いようです。強剪定はリスクがあるようです。トゲが多く森のように木全体がワサワサしてくるので風通しが良くなるような剪定をして下さい。でも枯れ枝は早めに切って下さい。剪定のし過ぎは枯れる原因ともいわれています。
害虫はアブラムシ・蝶など。病気の黒点病が発生した時は葉の除去をしますが必ず下に落としたままにせず処分してください。菌なので再び移ります。1本で生ります。
四季生りなので収穫時期は、春花が咲いた場合8〜10月頃 夏花が咲いた場合:12月頃 
オーストラリアン(ブラッドライム)フィンガーライム(接ぎ木)15ポット入り オーストラリアン(ブラッドライム)フィンガーライム(接ぎ木)15ポット入り new
商品詳細
7,420 円/本 (税込) 在庫わずか
本 

フィンガーライムとオレンジの交配種なので酸っぱさの中にほのかにオレンジの甘みが感じられます。果肉は黄色から薄いピンク色に変化します。外皮は赤褐色です。

フィンガーライムはオーストラリア原産です。
キャビヤのようなプチプチ食感が新しく、つぶれた時に口広がるほど良い酸味が良いアクセントになり肉・魚・野菜を引き立てることが出来る新しい名わき役と言えます。
日本での栽培がまだ確立していなくて、皆さん手探りのような感じですが、情報として記載いたします。参考になさってください。

0℃ぐらいまでは耐えると言われています。ただ、冬季葉が落ちても春に新芽が出てくるので慌てなくても良いですよ。湿度を嫌いますので水はけが悪いと根腐れが発生しやすい。水やりには注意が必要で春は1日1回、初夏〜残暑厳しいときまでは1日3回ぐらいですが梅雨時期は要注意!湿っているのに与えると疫病・ナメクジ発生が発生します。
冬季は2日に1回程度。目安なので様子を見ながら与えて下さい。

剪定は3月頃、開花直前が良いようです。強剪定はリスクがあるようです。トゲが多く森のように木全体がワサワサしてくるので風通しが良くなるような剪定をして下さい。でも枯れ枝は早めに切って下さい。剪定のし過ぎは枯れる原因ともいわれています。
害虫はアブラムシ・蝶など。病気の黒点病が発生した時は葉の除去をしますが必ず下に落としたままにせず処分してください。菌なので再び移ります。1本で生ります。
四季生りなので収穫時期は、春花が咲いた場合8〜10月頃 夏花が咲いた場合:12月頃 
フィンガーライム(ピンクスパークリング)(接ぎ木)15pポット入り フィンガーライム(ピンクスパークリング)(接ぎ木)15pポット入り new
商品詳細
7,420 円/本 (税込) 在庫わずか
本 

果皮はオレンジから赤茶色へ変化します。 
果肉は薄いピンク色から濃いピンク色へ変わってきます。

フィンガーライムはオーストラリア原産です。
キャビヤのようなプチプチ食感が新しく、つぶれた時に口広がるほど良い酸味が良いアクセントになり肉・魚・野菜を引き立てることが出来る新しい名わき役と言えます。
日本での栽培がまだ確立していなくて、皆さん手探りのような感じですが、情報として記載いたします。参考になさってください。

0℃ぐらいまでは耐えると言われています。ただ、冬季葉が落ちても春に新芽が出てくるので慌てなくても良いですよ。湿度を嫌いますので水はけが悪いと根腐れが発生しやすい。水やりには注意が必要で春は1日1回、初夏〜残暑厳しいときまでは1日3回ぐらいですが梅雨時期は要注意!湿っているのに与えると疫病・ナメクジ発生が発生します。
冬季は2〜3日に1回程度。目安なので様子を見ながら与えて下さい。

剪定は3月頃、開花直前が良いようです。強剪定はリスクがあるようです。トゲが多く森のように木全体がワサワサしてくるので風通しが良くなるような剪定をして下さい。でも枯れ枝は早めに切って下さい。剪定のし過ぎは枯れる原因ともいわれています。
害虫はアブラムシ・蝶など。病気の黒点病が発生した時は葉の除去をしますが必ず下に落としたままにせず処分してください。菌なので再び移ります。1本で生ります。
四季生りなので収穫時期は、春咲いた場合8〜10月頃 夏咲いた場合12月頃収穫です。 
フィンガーライム (ウォーコップ)(接ぎ木)15ポット入り フィンガーライム (ウォーコップ)(接ぎ木)15ポット入り new
商品詳細
7,420 円/本 (税込) 在庫わずか
本 

ウォーコップは果皮が深緑〜赤茶色。果肉は黄色〜オレンジ系。

フィンガーライムはオーストラリア原産です。
キャビヤのようなプチプチ食感が新しく、つぶれた時に口広がるほど良い酸味が良いアクセントになり肉・魚・野菜を引き立てることが出来る新しい名わき役と言えます。
日本での栽培がまだ確立していなくて、皆さん手探りのような感じですが情報として記載いたします。参考になさってください。0℃ぐらいまでは耐えると言われています。ただ、冬季葉が落ちても春に新芽が出てくるので慌てなくても良いですよ。湿度を嫌いますので水はけが悪いと根腐れが発生しやすい。水やりには注意が必要で春は1日1回、初夏〜残暑厳しいときまでは1日3回ぐらいですが梅雨時期は要注意!湿っているのに与えると疫病・ナメクジ発生が発生します。
冬季は2日に1回程度。目安なので様子を見ながら与えて下さい。
剪定は3月頃、開花直前が良いようです。強剪定はリスクがあるようです。トゲが多く森のように木全体がワサワサしてくるので風通しが良くなるような剪定をして下さい。でも枯れ枝は早めに切って下さい。剪定のし過ぎは枯れる原因ともいわれています。
害虫はアブラムシ・蝶など。病気の黒点病が発生した時は葉の除去をしますが必ず下に落としたままにせず処分してください。菌なので再び移ります。1本で生ります。
四季生りなので収穫時期は、春咲いた場合8〜10月頃 夏咲いた場合12月頃 

山桃  白桃しろもも (接ぎ木・ポット鉢入り)  山桃 白桃しろもも (接ぎ木・ポット鉢入り)  new
商品詳細
11,000 円/本 (税込) 在庫なし
SoldOut

食べごろに店頭には並びにくい【ヤマモモ】。
日持ちが短いので是非食べごろに木から取って召し上がっていただきたい品種です。

山桃は赤く色づいている実が印象的ですが、こちらの山桃(常緑果樹)は、白桃(しろもも)という名前です。実際は、通常の山桃が色づく途中のような色で赤っぽいですが、熟れる前のような感じの色です。でも、見た目に惑わされないで下さい。こちらも十分に甘く、どちらかと言うと森口や亀蔵より甘く感じる人が多いようです。ただし、味覚には個人差がありますので参考までに!残念なのが、赤実と違い食べ頃が分かりづらいのが難点でしょうか。果実の大きさは、森口と亀蔵の間位です(直径約2cm弱)。山桃は、高知の県花ですが一般の人も白桃は、ほとんど口にしていない出回らない品種です。雌木。

公園や街路樹など雄木が近くにあるようでしたら大丈夫ですが、
お近くに無い場合は雄木を植えることをお勧めいたします。
(収穫期)6月頃〜
戻る|1 |次へ
koutou-nouen.com©CopyRight 高東農園